入稿デザインの色味と実際のプリントの色味が異なるのはなぜです…

入稿デザインの色味と実際のプリントの色味が異なるのはなぜですか?

この質問に対する回答

入稿デザインをPCモニタでみた時はRGB(光の三原色)で表現されていたものが、実際にプリントする時はCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの四色のインク)での表現になります。当然ながらインクは光を発しないため、輝いたような色合いは暗くおとなしく発色します。

また、加工方法によってはTシャツの生地に直接インクを定着させるため、紙印刷に比べて色が沈んでみえる傾向にあります。

色の表現精度向上のため様々な取り組みを進めておりますが、色の忠実な表現について、ご希望にお応えできない場合があることを予めご容赦ください。

万一、明らかな色味の差異があった場合は、お写真を添付の上、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

この記事で疑問は解決しましたか?
  • 解決した (2)
  • 解決したがわかりにくかった (2)
  • 解決しなかった (4)

ページの先頭へ